【殻割り】世界的フリーランス化に伴う新たな組織の考え方

人工知能(AI)の時代の到来で人の働き方も大きく二極化されます。

コミニュケーション力が優れている人は、人間として価値の高い仕事が求められ評価される一方で、やらされ感で働かされている人や、ただ作業をこなすだけの人は、AIやロボットがあなたの代わりに働いてくれるので、おのずと仕事はもちろん居場所もなくなっていきます。
技術をお持ちの皆さんも、普通の技術だけでは今の現状でも厳しいのではないでしょうか。

これからは、「自分にしかできない」ことが強く求められます。そして、自分の能力が活かせる複数の組織に所属して働く人も多く出てきます。社内でも、部署や役職の枠を超えて複数のプロジェクトに関わっていくことが当たり前になってきます。

つまり、働き方がこれまでと大きく変わり、多様化し、フリーランス化します。

働く私たちも勿論ですが、当然、会社や組織だってそれに対応できなければいけないわけです。

でも、これって当たり前の事なんですよね。
私としても、AI化で機械的な世の中になってしまうのはさみしい気持ちもありますが、とてもいいことだとも思うのです。むしろ、賛成です。

「私の仕事はどうなるのだろう?」「私は生き残れるのだろうか・・・?」と少し不安になるかもしれませんが、恐れなくても大丈夫です。解決できます。

で、今日は、今私が研修で新しい組織の考えとして取り入れていていることをお話しします。

  • もっと組織を強くしたい
  • もっと個人の力を発揮してほしいんだけどな・・
  • 会議の発言であんまり意見が出ないんだよね・・・
  • ばらばらな社内環境を何とかしたい
  • もっと売り上げを上げたい
  • 社内を活性化させたい

という悩みが解決します。

さて、KARAWARI(殻割り)という人財育成のプログラムを様々な企業の皆様に体験していただいていますが、これ「イノベーション的研修」なのですね。
「これから最も必要とされる考え方ですね。」など、研修会社さんや、企業の幹部の方々などからご好評をいただいております。

KARAWAR的、新しい組織の考え方

まず、私達は子供のころから学校などでチームを作って何かを成し遂げたり挑戦してきました。大人になると会社組織の中で、プロジェクトチームなどチームで仕事をしています。
元々、言葉の意味を解読しますと、チームって、サッカーチームとか野球チームとか何か誰かと戦う、競うという意味合いがこめられています。

そして、チームの中には必ず、リーダーが存在するのです。
きっとあなたの会社や組織もそうではないでしょうか?
組織長がいて、みんなの意見をまとめて、報告したり、
先輩が後輩を指導するという関係性だったり。

しかし、リーダーが居ることで落とし穴もあります。

  • 「リーダーに任せておけばいい」という無責任、無関心な人が現れる
  • 権限や力の強いリーダーの意見に流されて、他の意見が潰されてしまう
  • 「どうせ話しても無理だろう」という諦め感が漂う
  • 終始リーダーだけが話す面白くない会議(話し合いにならない)
  • リーダーが変わると仕事の質が変わる(良くも悪くも)

などです。

 

 

最初にあげた、

  • もっと組織を強くしたい
  • もっと個人の力を発揮してほしいんだけどな・・
  • 会議の発言であんまり意見が出ないんだよね・・・
  • ばらばらな社内環境を何とかしたい
  • もっと売り上げを上げたい
  • 社内を活性化させたい

と言う悩みが、「チーム」と「リーダー」の考えを少し変えるだけで解決します。

 

さて、いよいよ本題ですが、

私がお伝えしたい新しい組織の考え方は、

「アンサンブル」

です。

「チーム」にはリーダーがいますが、「アンサンブル」にはリーダーが存在しません。

イメージで言うと、「吹奏楽」や「コーラス」のようなもの。
皆、それぞれがそれぞれの役割を最大限に発揮する。
そうすることで一つの音になり、その一つの音はやがて皆が限界を超え、今までになかったような心地よさが生まれたり、できなかったことができたり、当たり前を超えた力が発揮されるのです。
ポイントは、ただ音だせばいいってもんじゃないし、「一人一人が、自分の力を最大限に発揮することで、今までできなかったようなことが出来る力を出すことができる」という点です。
チームは 「1+1+1+1=4」という考え方ではなく

アンサンブルは

↑ 無限大 ↑

一人一人が、時には引っ張っていく力も要しますし、時には相手に譲るという力も必要になるのです。

これは、訓練すれば、うまくなりますので大丈夫です。

「アンサンブル」という考え方を学び、訓練することで得られるもの

  • 相手との関係性を築きながら、その空間を自在にコントロールできる(空間マネジメント効果)

  • その場を客観的に捉えて、即興的に動ける(即興力)

  • 信頼関係が高まり、失敗を恐れず行動でき、相手の失敗も受け止められる

  • 自分だけが動くのではなく、相手を動かすことができる

そうすることで、

人任せや、無関心社員、中々後輩が育たない、離職率の悩みなどが解決され、社内が活性化し、これから起こりうる景気や環境に左右されない強い会社(組織)づくりが可能になります。

フリーランス化と言われ、働き方も価値観も多様化していく中で、それぞれの持つ能力を最大限に発揮し、強い組織をつくるには、この「アンサンブル」という考えを組織に取り入れて変えていくことが必要です。

「本物だけが生き残る時代」。あなたの会社がもっともっと繁栄するように、新たな組織づくりのお手伝いをします。

 

是非ご相談お待ちしております!


茂木 久美子(もき くみこ)

山形新幹線の車内販売員時代、山形ー東京間1往復で50万円以上の売上をあげるカリスマ販売員として多くのメディアに取り上げられ、その接客・販売方法が注目される。また、史上最年少でチーフインストラクターとなるなど人財育成でもそのカリスマ性を発揮。全国の販売・サービス業を中心に講演や研修を行い、これまでに延べ10万人以上が受講する人気講師となる。2012年からは講師業に専念し、2015年株式会社グローバルゲンテンを設立。活動の幅を広げている。

著書:「買わねぐていいんだ。」「人の5倍売る技術」「雑談接客で売上5倍!」「コギャルだった私が、カリスマ新幹線車内販売員になれた理由」「神対応のおもてなし」

 

仕事に喜怒哀楽はNG?それとも・・・?

KARAWARIセミナーを受講した方から、こんなお話をいただきました。

**********************************************************************************

振り返るとまず思うことは・・・
今までに受けたことも聞いたこともありませんでした。
実は初めて聞き、学び、気づかされました。
今後、これから絶対必要とされてくる学びで、多くの企業が欲しくて欲しくてたまらないメゾットだと思います。
これは茂木さんの新しいイノベーション、(新しい切り口の学び・伝え方・働き方)ですよ。
ほんと普通の講師ははただ質問で答えるだけ。
ご自分のノウハウや、知識を並べるだけ、体験を語るだけ。でも茂木さんは違う、それじゃ満足しないお方なのですね。「本質を変えたい!可能性を引き出したい」中々できないことですよほんとに。

組織の中では「感情を出さない方がいい」という方が多いですよね。うまく伝えられないけれど、喜怒哀楽が激しいと協調性がないとか思われたりするから、周りとうまくやるには喜怒哀楽を出さない方がやりやすいのではないでしょうか。
それに、私自身もそうですが、仕事の量も多いこともあり、自分の感情を出さない方が(何も感じない心を持つ)楽だと思っていました。

でも、喜怒哀楽があるその人は、何故かあっという間に恥ずかしげもなく相手に心を開き、相手の心を開かせ。私がお客様に色んなことを時間をかけて丁寧に説明をしている間に、電話一本であっという間に「はいはーい」とお客様と関係性を築き、契約もとってしまうのです。

今振り返ると、悪口ではないのですが、私は(茂木さんみたいな)喜怒哀楽がある人がいると「ううう・・・」と少し拒絶反応してました。それを素直に言うと・・・羨ましかったんだと思います。

KARAWARIの中で表現力・感情表現を学んで、気づかされました。

  • 感情を殺すことで「表面的」な人間関係になっていたこと。
  • 感情を出すことで、良い人間関係が築け、実は、仕事の効率化にも役立つこと。
  • 「人間が感情出さなければ、ロボットの方が効率がいい」と思うと、仕事を効率的にこなそうとする人や組織はなくなるということ。

****************************************************************************************

いかがですか?

職場に効率化や数字を求めるだけのドライな関係性を求めるなら、いずれその職場に人はいなくなりAIやロボットに取って代わられるでしょう。私たち人間にしかできない仕事、心豊かな職場を考えたら、人の感情を押し殺す必要なんてありません。自由に感情を表現し人と人との関係性を築いていける、そんな人や働き方が今求められています。

表面的なハウツーや理論を学ぶのではなく、人として大切なことに気づかされる。さらに、その人の人間的な魅力が引き出される。

それが、KARAWARIで学ぶ意味なのです。


茂木 久美子(もき くみこ)

山形新幹線の車内販売員時代、山形ー東京間1往復で50万円以上の売上をあげるカリスマ販売員として多くのメディアに取り上げられ、その接客・販売方法が注目される。また、史上最年少でチーフインストラクターとなるなど人財育成でもそのカリスマ性を発揮。全国の販売・サービス業を中心に講演や研修を行い、これまでに延べ10万人以上が受講する人気講師となる。2012年からは講師業に専念し、2015年株式会社グローバルゲンテンを設立。活動の幅を広げている。

著書:「買わねぐていいんだ。」「人の5倍売る技術」「雑談接客で売上5倍!」「コギャルだった私が、カリスマ新幹線車内販売員になれた理由」「神対応のおもてなし」