便利な時代に面倒なことこそ一生懸命やる、やり続ける企業づくり=人づくり

便利な時代に、面倒なことこそ大切にできる人ことがこれからの時代大切にされていく。

便利になっている世の中は、今に始まったことではありません。
そして、便利になることがいけないわけでもありませんし、その恩恵を頂いていることだって少なくないはずです。今回私が書きたいのは「人」つまり人間です。

例えば、身近で言うとありとあらゆるものがあり過ぎていますがJRのチケットだってネットで買えるのでわざわざ並ばなくっても買えるから時間の短縮になるし、大昔ならお風呂だって、五右衛門風呂の時代は、お水をくむところから始まり、何か月前から木を切って乾かして・・火を起こす。気に火が付くまで見守って。ところが、今はボタン一つで「お風呂が沸きました~」なんてお知らせまでしてくれる世の中です(笑)
とにかく便利になった世の中です。

それによって当たり前だからこそ語り継がれてはいない部分も多いかもしれませんが「人」の働きだって大きく変わっているはずなんですね。

それが「今」です。
(あ、こういう本売れると思う!出版社さん、私の本じゃなくてこういう本売れると思うよ)

今の働き方を悪く言うつもりはありませんが、残念ながら「人」への便利さや、効率化を求められてるな・・と思うことも実はしばしばあるのではないでしょうか。

 

 

実に昔の5人の働きが、今の時代便利で仕事のスピードも上がり、一人で負担してこなしていると言われています。時間がない上に、ストレスと闘いながらいかに「早く、正確に」を求められていると思うんです。
いつでも、「急げ、効率化!便利に!」って世の中自体がそうなっています。
新商品開発も観点も、そこから普通に入りますしね。

「急げ、効率化、便利に」を求められている私たちは、次第に・・・

 

「あー面倒だな」「自分の仕事はこれをやることだから、別にかかわらない方が楽」「今は好きな自分のコミニュティーが世界中に選べるからこの人と何て深くかかわる必要ない」「出来るだけ楽に」や、こなせばいいとか お給料だけもらえたらそれでいいんで。
失敗したら怒られたくないし、部下には面倒な仕事を増やしてほしくない。

そう思ってしまうのも私はわからないでもないんです。

仕事は楽しむもの!!考え方一つだよ!!なんて、まったく無責任な回答できません。

そして、それを言葉で伝えることはとても難しいこと。

では、どうしたら解決できるか???

答えは簡単です。

そういう体験を、どんどん私たちがやり続けるということです。

私は今後、そんな時代だからこそ「人は人を求めていく時代だと信じて生きている」のですが、
そういう方にもいつでも、「人って温かいんだよ」「めんどくさいことを貴方だけにじっくり向けられたらどんな感情が出るか」という

経験を体験させてあげることで世の中に沢山作っていくことが企業風土や、いい働き方、いい人間力に繋がっていくのです。

以前もAI化フリーランスの記事で書かせていただきましたが
人間が働くということが二極化して、AIがやってくれることは人手不足は解消してもらって、今まで人間がやらなくていいようなことをやぅてもらえばいいんです。

そこで大事なのが、人間が便利にしてはいけないものとしていいものが働くうえでも大きく分かれて、行くということです。

そこに、人が働くうえで
「見落とさず、気づくか、行動できるか、そしてそれを感じ取れるか」が特に重要になります。

 

 

体験する・体験させてあげるが、きーわどに出たので是非ご笑納ください。

私が体験したお話です。
約一か月前ですが福岡で講演会がありました。
その時は書籍販売もOKとのことでより、皆さんと会話が出来るので楽しみにしていました。
会場について、司会の方や会場確認、マイクのテストなどを終えまして控室にて今回主催の宇平さんという方が会の目的や、会の皆様のことなど詳しく教えてくださいました。
宇平さん
「今日実はお申込みの中で、高校生とそのお母さまが実は数日前に連絡が来てお申込みされたんです、何やら、弁論大会の本で茂木先生の本を発表するらしいのです~」と宇平さん

え!それって私、会場で名前だけでも探してもいいですか?
「今までそういう前例がないですけど・・・やってみましょう!」宇平さん!最高!(え、仕事増えるし、なんか起きたら面倒だから断ろうかな)と思うことも出来たはず。

私は、この遠い福岡でお若い高校生が本を手に取ってくれたこと、に驚きとても嬉しかったです。
そこで私は
講演会の最中に「○○ちゃんいる~?」ってとにかく彼女はどこに居るのかだけでも知りたくって手を挙げてもらいました。すっごく恥ずかしそうだったけれど、私、聴いているから弁論大会頑張って~!の気持ちを込めて・・。

講演会が終わり、私が控室に戻ったら宇平さん。
「茂木先生!今。あの高校生の机にこれが置いてありました・・・」
なんと彼女が書いて、発表するという弁論大会の紙だったのです。

内容はとても素敵な内容で高校生に純粋な言葉で私たち大人が溶かされていくような内容でした。私の宝物です。

帰宅し、数日たって宇平さんにどうしてもその高校生にお手紙の返事お礼がしたいんだけど・・
と連絡しました
「はい、あの、茂木先生に住所の話とかもうお話していいとの確認は取れていますので」即答。

何度か宇平さんとやり取りすることが出来、最近弁論大会の話も手紙に書いてありました。

皆さん。
この宇平さん、素敵でしょう!?
もしも、あの時「う~んどうでしょうかね、、(仕事を増やすなよ)」ということもできたはず。
そうなんです。宇平さんが余計なことをするな!面倒だな・・とおもったらこんな展開にはまずならなかったんです。

高校生のお手紙に書いてありました。
まさか茂木先生に会えうと思わなかったこと、これからの新しい自分が発見できたこと。
そして、周りがこんな風に動いてくれたことにとても感謝していると。

 

これから大人になるその高校生は一番最後の「動いてくれたことにありがたいと感じこれから、大人になった時、宇平さんの行動は「人の心に効率や便利でない」大切なことを絶対に忘れす、自分でもそんな行動が出来る人に育つんだと思う。

AI化、人間の心だけは効率化できない「宝」。
だからこそ、企業研修は人の心や、感性の時代に。
殻割り研修もそうですが、そんな人づくりを私は今後も一生皆様のお手伝いをしていきます。

皆様には、組織改革を恐れず、

「急げ、効率化、便利に」を求められている私たちは、次第に・・・
「あー面倒だな」「自分の仕事はこれをやることだから、別にかかわらない方が楽」「今は好きな自分のコミニュティーが世界中に選べるからこの人と何て深くかかわる必要ない」「出来るだけ楽に」や、こなせばいいとか お給料だけもらえたらそれでいいんで。
失敗したら怒られたくないし、部下には面倒な仕事を増やしてほしくない。

この声の奥深いところが「宝物になることを」見直すことを、更に伸ばすところとして今のうちから大切にしてください。

LINE@はじめました!

LINE@【茂木久美子のKARAWARI‐殻割り‐通信】

LINEでともだち登録していただくと・・・

  • 茂木久美子からのメッセージが届きます!
  • あなたのお仕事や人生をもっと豊にするヒントが得られます!
  • 皆さまからの質問にもお答えします!トークに返信するだけ!
  • LINE@だけの無料動画セミナーも視聴できます!

↓↓ともだち登録はこちらから↓↓

 友だち追加