当たり前を極め続ける!

2017.2.22「当たり前のこと当たり前にやる凄さ」

先週から、先週は鹿児島~福岡と九州方面へ。そして今週は盛岡へ。

そんな合間の2月19日(日)山形で「当たり前グランプリ2016」の発表会に聴講者として参加してきました。「当たり前グランプリ」とは、普段の当たり前の行動をいかにして、どこまで徹底して継続していけるかを企業間で競い合い、お互いに切磋琢磨し合おうというもので、今回で7年目。地元企業10社が昨年1年間の取り組みを報告しました。

どんな当たり前に取り組んでいるかというと・・・

『そこまでやるか! が当たり前』『環境整備~凡事徹底~ が当たり前』『早時退社 が当たり前』『思いやりのある5S活動 が当たり前』『快互 が当たり前』『クレーム・ゼロ が当たり前』『掃除 が当たり前』『常に考える が当たり前』『揃える が当たり前』

言葉で表すと簡単ですが、そのためにやっていることが凄い!!

  • ただ綺麗なフロアにするのではなく、鏡のように床が反射するまで磨く。そのための掃除のやり方をとことん研究する。
  • デスクの上のパソコンの位置、電話の位置、朝礼時の立ち位置、お辞儀の角度、挨拶・・・すべて揃える。机の中のボールペンの数、ハサミの位置、全てそろっています。
  • いつでも、誰でも必要なものが必要な時に取り出せる状態。お客様に関するファイルも担当者以外でもすぐに確認できる状態。徹底的にモノを探す時間を減らすことで早く帰宅することを実現。

まだまだ凄い取組事例がたくさんありますが、凄いのはそれ以上に、長年継続していること。

私たちは、そこそこのレベルになった時点で「このくらいできたら上等!」と言ってやらなくなります。それは、他者と比較しているから。他よりもできていると思った時点で安心してしまいます。でも、ここに参加している皆さんは自分との闘いなので「このくらいでいいか」という考え方がないのです。

じゃあ、自己満足で終わっているかというとそうではありません。凄いのは、取り組んでいること以上に、業績も上がっていること。

  • どこも経営が厳しいと言われる介護事業を営む企業が取り組みを始めてから毎年業績があがっている。
  • 過去最大の大口の契約をいただいた。
  • クレームゼロを目指して5S(整理・整頓・清掃・清潔・躾)を実践し続け、クレームが35%減った。
  • 早時退社を実現した会計事務所は、退社時間が早くなっても業績は向上した。会計事務所の多くはお客様の7割が赤字だと言われている中、7割のお客様が黒字。
  • お客様からたくさんのお褒をいただくようになった

そして、この取り組みの最大の効果ともいうべきものが、社員がイキイキと働いていることだと思いました。みんな真剣に楽しんでいる姿がとても印象的でした。

  • チームワークが良くなった。
  • 同じ方向を向いて仕事ができるようになった。
  • 自信がついた。
  • 気遣いができるようになった
  • 率先して動けるようになった。
  • 家庭にも良い習慣ができ、家族にも喜ばれた。

この取り組みの効果は、職場環境が良くなって業績があがったこと以上に、自分自身の幸なんだと思いました。

「当たり前のことを極め続ける!」これからの人財育成の柱として大切にしていきたいことです。

※「当たり前グランプリ」は現在、山形だけで行われていますが、全国に広めたい活動です。興味のある方は、ぜひご連絡ください。

「当たり前グランプリ事務局」のページはコチラ⇒ http://kuronuma-ac.jp/html2/atarimae/ (黒沼共同会計事務所 様 HP)

丹野耕介

 

 

一杯のラーメンのあったかいお話

「一杯のラーメン」のあったかいお話。

最強の寒波到来で新幹線が運休するほどの山形。人もまばらな繁華街でフラフラと飲み歩く二人。

いい感じに酔い、お腹も満たされ、そろそろ帰るかと思っていると・・・お決まりの一言。

「ラーメンかんなねべ!!」(山形弁で、ラーメン食べなければ!の意味)

出ました!〆のラーメン!

まぁ、お腹もいっぱいだし最近太り気味の二人ですから、二人で1杯とビール1本で十分だろうとお店に入って注文。

「納豆みそラーメン1つとビール1本!!」

すると、ラーメン屋のおばちゃん。

「分ける?」

「・・・」

「分ける?」

「・・・」

僕は、『あ、そうか。とり分ける器をくれるんだな。気が利くね~』と嬉しくなって

「お願いします!!!」と上機嫌 ^0^ /

数分後・・・

「ハイお待ち!」と出てきたのは、ラーメン2つ

「・・・・・・・・・」

注文を間違ったかと数秒間固まっ他後、気づいたのです。

一杯のラーメンを二つに分けて出してくれたんです!!

『寒い日にわざわざ来てくれてありがとう』なのか、僕らを哀れに思ってくれたのか、

「ちょっとサービスしておいたから・・・」とほほ笑むおばちゃん。

『せっかくだから。』と、わざわざ二つに分けて出してくれたその気持ち。そんなラーメン屋のおばちゃんに身も心もホカホカに温められました。

気を利かせて取り皿を持ってきてくれるお店はたくさんあります。でも、こんなことまでしてくれるお店はめったにありません。いつもそうやっているわけではないと思います。たまたまなのかもしれません。それでも、『自分のためだけに』してくれたことは、ものすごく嬉しいし、絶対に忘れません。

真冬の心温まるお話でした ^^

大学生のライフプラン

大雪の週末から今日は少し天気が回復しましたが、名古屋、京都、広島など、普段雪がない地域にも雪が積もって大変なことになっているようで心配です。

本日は、山形大学の「キャリア形成論」の授業に参加させていただき、学生の皆さんのライフプランの発表を聞いてきました。

今年で3回目の参加になりますが、いつも「学生さんも色々考えているんだな~」と感心させられます。さらに今年は、プレゼンの仕方もそれぞれ個性的に工夫されていて素晴らしい発表会になりました。

僕の本日の気づきをまとめておきます。

  • プレゼンがうまい。自分を表現することがうまいな~。
  • 安定や普通を望むのではなく、個性的な夢や目標が聞けて嬉しい。
  • 自分の個性を活かしながら生きていきたいと強く思っている。
  • これからは、いろんな生き方があるんだな~と実感。
  • 夢を実現するために、語学を学ぼう、本を読もう、海外に行こう、芸術に触れよう、人に感謝する・・・具体的で素晴らしい決意。
  • 自分の夢や目標を実現しよう!という力強さを感じた。

最後に僕の感想も一言お話しさせていただきました。

「素晴らしい発表で驚きました。今、皆さんはヤル気に満ちていると思います。夢を描けて、『成功した』とさえ思いますよね。僕は、いつもそうです。夢や目標を描いて成功した気になります。でも、絶対にうまくいきません!途中で、うまくいかなくなったり、あきらめようかと思うことも多々あります。でも、成功する人としない人の差は、そこであきらめるか、あきらめないかだと僕は信じています。実体験でもありますし、成功している人生の先輩方からたくさん教わりました。皆さんが描いた夢は必ず実現します!!あきらめないで頑張りましょう!!」

 

今日一日を振返り、あらためて「頑張ろう!」と学生さんに勇気をもらいました。そして、こんな若い人財が世界中で活躍できるように積極的に支援していこう!と思いました。

ありがとうございます。

丹野耕介

ネット販売 VS 対面販売

今年の冬は雪が少なくて過ごしやすいな~なんてのんきなことを思っていましたが、ここにきて、あまりの雪の少なさに心配になってきました⤵

昨日は少し雪が積もりましたが、今日はすっかり雪が解けて積雪0センチ。地球、ヤバいですね~。

 

さて、本日は「ネット販売 VS 対面販売」

インターネットでの買い物、正直、疲れませんか?

私は最近ネットで買い物をするのが疲れてきました。毎回ぐったり⤵ストレスです。

理由は・・・

  • 選択肢が多すぎて、選ぶのに時間がかかる。
  • 1円でも損をしないようにと、じっくり比較する。
  • レビューを見て1つでも悪いことが書いてあると不安になる。
  • 本当に買って損しないか、後悔しないか妙に神経質になる。

でも最近、信頼できる店員さんさえいれば「対面販売」の方がずっと楽だと改めて気づきました。

「店員さん!どれがおススメですか?」

「〇〇さんでしたら、これなんかどうですか?」

「良いですね!じゃあ、それにします!!」

・・・それだけです。

ただ、重要なのは信頼できる店員さんというところです。

強引に勧めてくるような店員さんや、愛想のない店員さん、マニュアル通りにしか受け答えできない店員さんなど、とても「信頼」できそうにない店員さんだったら、ネットで買う時のあのストレスと全く変わりありません。だったら、ネットで買った方がましです。

先日、これを自ら体験する機会がありました。

デジタルカメラをネットで、ブルーレイレコーダーを街の電気屋さんで購入。

※理由は長くなるので省略します。

デジタルカメラを買うのに、どこが安いか、どこがサービスがいいか、このカメラとこのカメラで何が違うのか・・・あーでもない、こーでもないと1時間半。

ぐったり。

翌日、街の電気屋さんにTEL。(とっても信頼している電気屋さん)           「ブルーレイレコーダー欲しいんだけど?」                             (こちらの要望と予算を伝えて、商品の説明を受けて、10分少々)                 「じゃあ、それでお願いします!」                                           買い物時間15分。あとは商品を楽しみに待つだけ。

2日後、商品を届けてくれて、設置して、使い方を教えてくれて、ゴミも回収してくれて・・・最高のお買い物です!多少、ネットで出ているより高いのかもしれませんが、それだけの価値は十分ありました。

街の電気屋さんもなかなかやるな~ ^0^/

きっと、私と同じようことを思っている人もいるのではないでしょうか。

ネットショッピングが便利になる一方で、お客様にとっては情報量が多すぎて、どれを信じていいかわからなくなっているように感じます。何か買い物をするたびに迷い、ストレスを感じ、余計な不安が襲う。そんな時に、お客様の気持ちになってアドバイスをくれる信頼できる専門家がいてくれたら・・・。そう思うのです。

ネット販売も便利でいい。ただ同時に、信頼できる専門家としての対面販売も大切にしていかなければならないと思っています。

今こそ、対面販売で商品やサービスを売る私たちは、高いスキルと豊かな人間性を兼ね備えた信頼できる専門家となり、お客様からの信頼を獲得しましょう。

丹野耕介

組織で働けるって素晴らしいね

今年の仕事始めは、東京の企業さんで茂木久美子の講演から。社長の新年のご挨拶から様々な取組みの発表まで、私たちも参加させていただき色々と学ばせていただきました。

チーム力と人間力の育成をベースに、高い品質の実現とお客様満足向上に向けて一人一人が本気で取り組む姿にすごく感動しました。

「チームっていいな。」「仲間がいるって素晴らしい。」と改めて感じました。

 

でも、僕も大きな組織の一員として働いていた時は、正直、「組織ってめんどくさいな~。」と思ったこともありました。また「みんなが同じ思いで仕事をするなんて難しいよ。」とも思っていました。

それが、今、小さな小さな組織になってあらためて思うこと。

  • その仕事、仲間がいたからできたんだ。
  • 価値観も個性もみんな違うから、面白いアイディアが生まれるんだ。
  • どんなに威張っても、1人でできることなんてたかが知れている。
  • 2人でも組織、100人でも組織。良い組織に小さいも大きいも関係ない。
  • 仲間の存在は有難い。ただただ仲間に感謝!

これまで以上に仲間の存在の有難さ、大切さを感じています。

だから、ブラック企業とか、パワハラ、セクハラとか、そんな話を耳にすると本当に悲しくなります。そして、自分が一番偉いと言わんばかりの傲慢な態度の社員を見かけるとガッカリするのです。

会社にとってチーム力は最大の資産!

もっと一緒に働く仲間に感謝しよう!

もっと一緒に働く仲間を大切にしよう!!

丹野耕介