【殻割り】世界的フリーランス化に伴う新たな組織の考え方

人工知能(AI)の時代の到来で人の働き方も大きく二極化されます。

コミニュケーション力が優れている人は、人間として価値の高い仕事が求められ評価される一方で、やらされ感で働かされている人や、ただ作業をこなすだけの人は、AIやロボットがあなたの代わりに働いてくれるので、おのずと仕事はもちろん居場所もなくなっていきます。
技術をお持ちの皆さんも、普通の技術だけでは今の現状でも厳しいのではないでしょうか。

これからは、「自分にしかできない」ことが強く求められます。そして、自分の能力が活かせる複数の組織に所属して働く人も多く出てきます。社内でも、部署や役職の枠を超えて複数のプロジェクトに関わっていくことが当たり前になってきます。

つまり、働き方がこれまでと大きく変わり、多様化し、フリーランス化します。

働く私たちも勿論ですが、当然、会社や組織だってそれに対応できなければいけないわけです。

でも、これって当たり前の事なんですよね。
私としても、AI化で機械的な世の中になってしまうのはさみしい気持ちもありますが、とてもいいことだとも思うのです。むしろ、賛成です。

「私の仕事はどうなるのだろう?」「私は生き残れるのだろうか・・・?」と少し不安になるかもしれませんが、恐れなくても大丈夫です。解決できます。

で、今日は、今私が研修で新しい組織の考えとして取り入れていていることをお話しします。

  • もっと組織を強くしたい
  • もっと個人の力を発揮してほしいんだけどな・・
  • 会議の発言であんまり意見が出ないんだよね・・・
  • ばらばらな社内環境を何とかしたい
  • もっと売り上げを上げたい
  • 社内を活性化させたい

という悩みが解決します。

さて、KARAWARI(殻割り)という人財育成のプログラムを様々な企業の皆様に体験していただいていますが、これ「イノベーション的研修」なのですね。
「これから最も必要とされる考え方ですね。」など、研修会社さんや、企業の幹部の方々などからご好評をいただいております。

KARAWAR的、新しい組織の考え方

まず、私達は子供のころから学校などでチームを作って何かを成し遂げたり挑戦してきました。大人になると会社組織の中で、プロジェクトチームなどチームで仕事をしています。
元々、言葉の意味を解読しますと、チームって、サッカーチームとか野球チームとか何か誰かと戦う、競うという意味合いがこめられています。

そして、チームの中には必ず、リーダーが存在するのです。
きっとあなたの会社や組織もそうではないでしょうか?
組織長がいて、みんなの意見をまとめて、報告したり、
先輩が後輩を指導するという関係性だったり。

しかし、リーダーが居ることで落とし穴もあります。

  • 「リーダーに任せておけばいい」という無責任、無関心な人が現れる
  • 権限や力の強いリーダーの意見に流されて、他の意見が潰されてしまう
  • 「どうせ話しても無理だろう」という諦め感が漂う
  • 終始リーダーだけが話す面白くない会議(話し合いにならない)
  • リーダーが変わると仕事の質が変わる(良くも悪くも)

などです。

 

 

最初にあげた、

  • もっと組織を強くしたい
  • もっと個人の力を発揮してほしいんだけどな・・
  • 会議の発言であんまり意見が出ないんだよね・・・
  • ばらばらな社内環境を何とかしたい
  • もっと売り上げを上げたい
  • 社内を活性化させたい

と言う悩みが、「チーム」と「リーダー」の考えを少し変えるだけで解決します。

 

さて、いよいよ本題ですが、

私がお伝えしたい新しい組織の考え方は、

「アンサンブル」

です。

「チーム」にはリーダーがいますが、「アンサンブル」にはリーダーが存在しません。

イメージで言うと、「吹奏楽」や「コーラス」のようなもの。
皆、それぞれがそれぞれの役割を最大限に発揮する。
そうすることで一つの音になり、その一つの音はやがて皆が限界を超え、今までになかったような心地よさが生まれたり、できなかったことができたり、当たり前を超えた力が発揮されるのです。
ポイントは、ただ音だせばいいってもんじゃないし、「一人一人が、自分の力を最大限に発揮することで、今までできなかったようなことが出来る力を出すことができる」という点です。
チームは 「1+1+1+1=4」という考え方ではなく

アンサンブルは

↑ 無限大 ↑

一人一人が、時には引っ張っていく力も要しますし、時には相手に譲るという力も必要になるのです。

これは、訓練すれば、うまくなりますので大丈夫です。

「アンサンブル」という考え方を学び、訓練することで得られるもの

  • 相手との関係性を築きながら、その空間を自在にコントロールできる(空間マネジメント効果)

  • その場を客観的に捉えて、即興的に動ける(即興力)

  • 信頼関係が高まり、失敗を恐れず行動でき、相手の失敗も受け止められる

  • 自分だけが動くのではなく、相手を動かすことができる

そうすることで、

人任せや、無関心社員、中々後輩が育たない、離職率の悩みなどが解決され、社内が活性化し、これから起こりうる景気や環境に左右されない強い会社(組織)づくりが可能になります。

フリーランス化と言われ、働き方も価値観も多様化していく中で、それぞれの持つ能力を最大限に発揮し、強い組織をつくるには、この「アンサンブル」という考えを組織に取り入れて変えていくことが必要です。

「本物だけが生き残る時代」。あなたの会社がもっともっと繁栄するように、新たな組織づくりのお手伝いをします。

 

是非ご相談お待ちしております!


茂木 久美子(もき くみこ)

山形新幹線の車内販売員時代、山形ー東京間1往復で50万円以上の売上をあげるカリスマ販売員として多くのメディアに取り上げられ、その接客・販売方法が注目される。また、史上最年少でチーフインストラクターとなるなど人財育成でもそのカリスマ性を発揮。全国の販売・サービス業を中心に講演や研修を行い、これまでに延べ10万人以上が受講する人気講師となる。2012年からは講師業に専念し、2015年株式会社グローバルゲンテンを設立。活動の幅を広げている。

著書:「買わねぐていいんだ。」「人の5倍売る技術」「雑談接客で売上5倍!」「コギャルだった私が、カリスマ新幹線車内販売員になれた理由」「神対応のおもてなし」

 

【営業/接客】店員さんの”人間力”の深さが商売繁盛のカギ

お客様との会話で、話が続かず「・・・」となることありませんか?

一番最初のアクションから「・・・」となる時間ですね。”そこ”すごく大事な時間なわけです。
私がお客様で食事行ったり、営業されてみたり、普段何気ない接客の場面や営業の場面に出くわしたとき、色んな方々の接客を見ることが出来るので「きっとこの子はまだ接客や営業の本質を感じ取れていないな・・・」と感じることが多々あります。

そこで今日は、接客で勿体ない”そこ”の考え方についてお話しようと思います。

我が社では、研修もしっかりしているので問題ないというお店もあるかと思いますが、多くのお店や企業研修で、人事担当や採用の方のお話を聞くと、

  • 「お客様と会話をしなさい」とは伝えているが、なかなか現場ではコミニュケーションが円滑にできない。
  • 人手不足で、そこまで教育できていないのが現状。
  • そう、そこが今ほんと課題なんです。

という声が実はけっこう多いです。

私が研修講師だから重要視しているのではなく、一番厳しくも温かく見ていらっしゃるのはお客様なんですよね。
そして、”そこ”が勿体ないというのは、客単価に影響するのは勿論、何よりお客様との一番大切な関係性を作ることが出来ていないという点で、売上にも大きく影響するからなのです。

お客様は、初めてでもリピートのお客様でも「美味しいものが食べたい」「ワクワクしたい」「困りごとを解決したい」など、期待をもって来店します。

注文を頂く際や、営業の方が目の前にいるときにお客様は、「この人どんな人?」って第一印象で判断します。これってメラビアンの法則と言われています。

【相手に与える印象(メラビアンの法則)】

言語(話す内容)・・・ 7パーセント
聴覚(声)・・・38パーセント
視覚(見た目)・・・55パーセント

具体的に言うと、次のようなことで店員さんやお店の印象が決まるのです。

  • 身だしなみ
  • 笑顔
  • 姿勢
  • しぐさや、態度
  • 目線
  • 話すテンポ
  • 声のトーンや大きさ
  • 話す間のつなぎの声(あ~、う~ん、え~)とか
  • 相手の名前を呼ぶ
  • ことば遣いを丁寧に
  • 相手の喜ぶ一言をかける

などありますが、接客を受けるお客様の方は、話しながらちょっとしたしぐさや言葉遣いでその店員さんの「中身」、つまり「人間性」や「本心」がわかってくるものなんですよね。そして、「店員さんの印象」=「お店の印象」になります。だから、接客は小手先だけ、形だけ、見た目だけじゃだめってこと。

お客様が、あなたやあなたのお店が良いお店か信頼できるお店か判断している基準は、「この人、本当に私の事大事にしたい、もてなしたい、また来てほしい!」って思って接客しているか。

商品知識や接客態度などは、出来て当然です。一番わかるのって、「この人、本当に私の事大事にしたい、もてなしたい、また来てほしい!」って思って接客してくれているかどうかなんです。

小手先だけの”良い接客”でお客様がリピートしてくださるのは、せいぜい2~3回。それで満足ではありませんよね。

お客様が何回もリピートしてくださり、他のお客様にもご紹介いただけるような、良いお店を目指すのであれば、”そこ”を磨いていてほしいところなんです!!

もっと、売り上げやリピートを増やしたければ、自分を磨きなさい。深めなさい。

お客様の事を知るために何が出来るか考えて行動することは凄く大事です。

私が若い時に経験したことです。目上の方とご一緒させていただける場(営業)の現場で、そのお客様の事を知るのはもちろんですが、当時、私は20代、お客様たちは30、40、60代と、様々な年代の方とカラオケの場にご一緒させていただく機会がありました。お客様たちが当時流行った歌も踊りも覚えて時には自分から「是非ご一緒にお願いできませんか?」とか、「この曲などリクエストさせていただけますか?」など勉強しました。

例でカラオケを出しましたが、カラオケを学べという話ではありません。私がこのカラオケを通して思ったことは、相手の方と歳は違っても「こいつ、勉強しているな、可愛い奴だな」って思ってくれたかもしれませんし、どんなお客様でもそのカラオケの話題を通して、お客様たちの生きた時代の話を興味深く聞けるようになったことが、何よりの宝となったんです。

↑ここここ。

相手の話を興味深く聞けるようになることで、

  • 「このお客様はリーマンショック時代にお店を出したという大変さ」
  • 「子供さんが亡くなったという事実」
  • 「一生独身で貫くお客様の背景」

など様々なお客様の気持ちや、その方の背景を感じ、汲み取れるようになるのです。

「それは大変でしたね・・」って機械的な言葉もあるかもしれない、でもそんな貴方に救われるお客様もいるかもしれません。

そんな気持ちを持ちながら接客や営業、お店の強みにしてほしいのです。

何故そうするかが一番大事です。

売るためではありません×××

お客様を知りたいと思い、自分のことも知っていただきたいと思うことは、「関係作り」に大いに役立ちます。

また、色んな知識が身に着きます。いくつになっても学んだことは忘れません。それがあなたという人間を深めてくれます。

そして、どんな状況になっても「場を作ることができる」という自信と、「相手をもてなすことができる」とう自分の強みにもなります。

これは、営業の方だけでなく店舗でもそうだと思います。

今は、自分が学びたい分野や、コミニュティーがあるので時間や場所も選ばず、色んな業界や有名人とも近いような感覚で学べることもできる。

どんな時代でも、人間力の深さです!心です!!

「この人、本当に私の事大事にしたい、もてなしたい、また来てほしい!」
」って思って接客してくれているかどうかです。

結果人は見た目じゃなくって中身なんです。

私らしい接客、営業とは、自分にしか出来ないようなことを学んで、お客様に与え感じて帰っていただくことです。学ぶことの中に、自分が学びたいだけではない学びを取り入れることで、人間性や人間力に深みが増すのです。

そんな素敵な店員さんがいるお店は、お客様は何度も何度も通いたいと思うし、また帰りたいと思えるお店になります。

営業の方もそう、この人だから買おう、お願いしよう、この人じゃなきゃ買わないと言われるようになるのです。

接客で勿体ない”そこ”は、あなたが「お客様を大事にしたい、もてなしたい、また来てほしい!」という想いを全力で表現するために、何をどの様に学び人間力を磨いていくかがカギとなります。


茂木 久美子(もき くみこ)

山形新幹線の車内販売員時代、山形ー東京間1往復で50万円以上の売上をあげるカリスマ販売員として多くのメディアに取り上げられ、その接客・販売方法が注目される。また、史上最年少でチーフインストラクターとなるなど人財育成でもそのカリスマ性を発揮。全国の販売・サービス業を中心に講演や研修を行い、これまでに延べ10万人以上が受講する人気講師となる。2012年からは講師業に専念し、2015年株式会社グローバルゲンテンを設立。活動の幅を広げている。

著書:「買わねぐていいんだ。」「人の5倍売る技術」「雑談接客で売上5倍!」「コギャルだった私が、カリスマ新幹線車内販売員になれた理由」「神対応のおもてなし」

【人間力を磨く】人としてどう思う!?

今日は「人間力」についてお話したいと思います。
今日は心の勉強です。
どれだけいい成績を残すあの子がいても、立派な社長に出会っても、結果「人間力」がなければ良い指導者にはなれない。

相手に成果だけを求めたり、売り上げだけを上がることを喜びと感じているのであれば、それはまず問題外。社員のみんなや、お客様、協力会社の皆さんとの関係性をも考えられる、感じられることが出来る人こそが非常に大切なことだと思います。

私はよく講演会や研修会、セミナーなど、色々な業種の企業のパーティーや、式典、懇親会などに参加する事が多いのですが、ホテルだと豪華な料理が大皿に盛られ、見るも華やかにお肉や、お魚、焼きそばに中華、お刺身、目でも幸せ感じれるスイーツの品々が並びます。主催の方のご挨拶や、乾杯から始まり食事や、お名刺交換に移っていきますよね。

そういう場って、中々会えない人やお偉いさんに挨拶しなきゃいけない、お酒をつぎに回らなくっちゃいけないですよね。(日本の昔からに伝統儀式ではありますが・・・)

そして、あっという間に中締めをしてパーティもお開き・・・

問題はここからです・・

豪華なお料理が半分も手につかないままに残っているの、皆さん気づいたことありますか!?

 

私、正直、「本当にこれ見て皆はどう思っている!?」とか、「気づいていますか?」ってなげかけたいんです。

 

料理人のみなさんが一生懸命「美味しく食べてもらいたい」と作ってくれた気持ち、それを自分の手で捨てているだなんて、心が捩られている気持ちに違いありません。それはもちろん、育ててくれて作っている方々にももちろんそうですが。でも、これだけだったら、自分たち人間本位でしか考えてないですよね。

悲しいことに人間様だけが人間様になって物事考えるけれど、人間の良さってさ、自分たちだけじゃなくて他の世界をも、命とか考えて行動できる生き物ですよね。

豚や魚さんを育ててくれた人はまさかこんな風に捨てられているとは思っていないはずです。

でさ、養殖・天然物も、人間に食べられることで命を全うする動物たち、野菜たちのことも、忘れないで見て見ぬふりしないでですよね。

もちろん、豚や魚さん野菜さんだって人間に上から目線で「可哀そう」なんか言われたくないだろうし、人間たちに怒っているはずなんです。

だって、もし私がその豚さんとかだったら、勝手に作られて、ばらばらにされて残されるってなにそれー最後まで食べてよ、何なら、骨まで使ってよ!って思う。

だから、昔からばち当たるって言われている言葉なんですよね。

  • お金さえ払えばいい

  • いかにして人脈を作ろうかとか

  • 残っていても気にならないとか

  • いかにして豪華にお客様に喜んでもらうか 

こんなの、私たち人間の一番やっちゃいけない見栄や欲で傲慢な考えだと思うの。

伝統で言えば、お酒をつぎにいかなければいけない、ご挨拶に行かなければいけないとか。
それ以前に、「今から30分はまず食べて、それからお名刺交換やあいさつを周りに行ってください。食べ物に、命に感謝して残さず頂きましょうね」って、マイクアナウンスがあれば、こんなに嬉しいことないのにって思うんです。 昔の人食べられなかった時代の人(現在もいますよね)その残った食べ物でどれだけの命を救えたかと思うと、それをそういう会だからこそ、そういう時間を共有できる場になると思うんです。
今まで、食品関係のパーティなどでは何度か主催の方がそのようなマイクアナウンスをしてくださって感激しました。中締めの時なんて、「まだお料理が残っております!お話も盛り上がっておりますところですが、ぜひ残さず食べながら愉快にお過ごしください」なんて気のきく企業様の素晴らしさに感動しました

ホテルなどでも少しづつ広まってはいますが、まだまだ広まっていません。

もし余れば、来年は少し少なめに。
全ての命に感謝する事で本当の「いい会」になるのではないでしょうか。
お料理はわき役じゃないんです。

その会の目的は何であろうと
お金さえ払えばいい
いかにして人脈を作ろうかとか
残っていても気にならないとか
いかにして豪華にお客様に喜んでもらうか 

これが人間力だとは私は奥底思えないのです。

で、私が言いたいことは最終的に食べ物を大事にとか命とか考えろって言ってるんじゃないんです。

自分たちの当たり前になっている「人間として」を気づかす、見ようとせず、流れに身を任せていることが一番人間の問題だと思うの。もっと気づこう!心の感度磨いて!

これからは自分が空気を作る人や、生み出せる人が必要とされていきます。

大切なことこそ見失わないように。

「人間力」が必要な時代、「心」を大切に、気づく「感度」「優しさ」「思いやり」を磨いてくださいね!それが、商品価値でもない、商品知識でもない、貴方だけの魅力でお金を出しても買えないものなのですから。

どう解決するか!?も大事だし、みんな答えや、やり方・解決法(さっきのマイクアナウンスとかね)を求めたがるけどさ、何度も言うようだけど、「勿体ない」「可哀そうなことしてる」「来年は減らそう」「もっと出来ることないかな?」ここを感じられる人になろうよ!日本中が世界中が今、「そこ」足りてないと思うんだな!

人間力を学ぼう~私の講演、研修で一番底を大切にしたいところなんです。

いつもよんでくれてありがとうございます!


茂木 久美子(もき くみこ)

山形新幹線の車内販売員時代、山形ー東京間1往復で50万円以上の売上をあげるカリスマ販売員として多くのメディアに取り上げられ、その接客・販売方法が注目される。また、史上最年少でチーフインストラクターとなるなど人財育成でもそのカリスマ性を発揮。全国の販売・サービス業を中心に講演や研修を行い、これまでに延べ10万人以上が受講する人気講師となる。2012年からは講師業に専念し、2015年株式会社グローバルゲンテンを設立。活動の幅を広げている。

著書:「買わねぐていいんだ。」「人の5倍売る技術」「雑談接客で売上5倍!」「コギャルだった私が、カリスマ新幹線車内販売員になれた理由」「神対応のおもてなし」