成果売り上げ主義の時代は終わり、「人の成長にこだわる経営への導き」コロナ後これからの働き方、組織のあり方考え方

企業研修会
こんなご時世だから社名はあえて控えますが、今だからこそ学びがより大事と社員である人への投資って 会社にも覚悟がいるというもの。
正直企業が大変になると、経費を削るところと言ったらまずは「人・人財育成」は、一番先に削る選択肢が多い。
どこに向かうのか、人を大切にしているのか明確な会社の意思が組織力を深めるのだと肌で感じました。

ここからは、私の講演会の話しの中の考えになりますが、
時代の流れを読み、【成果売り上げ主義】ではなく、【人の成長にこだわる精神的価値を求める】世の中今転換期が加速していると感じます。
人の成長とは、売り上げや、数字で目に見える価値で測られていたし、たしかにわかりやすい。

でも本当は、見るべき褒めるところは、数字でも売り上げでもなく、目に見えない 親切や人の気持ちがわかる事 そういうのが評価される
そんな 時代。

私が売れたともてはやされたのは、そんなふうに愛情深く育ててくれたJR、そして先輩や、家族に仲間がいたから。

もっともっとあなたも純粋に純朴に
人と向き合うことを 逃げない事

それがきっと、みんなそれぞれの職業で世の中を良くする私達本来の仕事なのでは、なかろうか。